HOME>注目記事>まぶたの垂れ下がりは病気なので眼科を利用すれば治してもらえる
医者

2万円台で治してもらうことも可能

眼瞼下垂はまぶたが垂れ下がってしまうことにより、さまざまな悪影響が起こる病気です。視界が狭くなることで身体に負担がかかって、頭痛や肩こりの原因となってしまう場合もあるので、まぶたが垂れ下がるだけだとは考えないほうがよいでしょう。このように眼瞼下垂という病気は、見た目だけではなく身体に悪影響を及ぼすため、保険を使った治療が可能になっています。3割の負担で済む保険ならば、2万円台で手術してもらえるので、それほど大きな負担だとは感じない方も多いはずです。保険を使った眼瞼下垂に利用できるは手術は決められているため、どこの眼科を訪れても同じような値段だと考えてもよいでしょう。ちなみに、眼瞼下垂の症状によっては2万円台では治せない場合があるので、手術形式と費用については必ずドクターに確認するようにしましょう。

技術力重視で選ぶこと

機械を使ってオートマチックで眼瞼下垂の手術を行うのなら、どこの眼科を訪れても満足できる仕上がりになることでしょう。しかし、実際はドクターが道具を使って施術を行うため、技術力によっては満足できる仕上がりにならないかもしれません。そのため、まぶたの垂れ下がりをキレイに治して欲しいのなら、手術の経験が豊富で技術力があるドクターのもとを訪れましょう。眼科のあるクリニックや病院の評判を調べて、眼瞼下垂の手術を受けた方の感想を読めば満足度を知ることができます。顔の中で目という部分はかなり目立つため、それを形作るまぶたの手術は完璧に行なってもらいましょう。気に入らないまぶたになったのなら、再手術することもできますが、その場合は保険は使えないのでかなりの金額になってしまいます。

広告募集中