HOME>ホットトピックス>手術を受ける時は、局部麻酔をするので痛みはほとんどありません

加齢による筋力の低下が要因です

目元

眼瞼下垂は加齢による筋力の低下や、コンタクトレンズの常用などが原因で起こります。瞼が重く開きにくいと感じたり、黒眼が隠れている状態なので視野が狭くなることもあります。放置をしておくと、肩こりや首に痛み、眼精疲労などの原因になります。美容外科のクリニックでは、眼瞼下垂の治療を行っています。

瞼の一部を切除する方法です

鏡を見る女性

瞼の一部を切除したり、瞼の裏側から切除をする方法などがあります。施術後は多少の腫れが見られますが、洗顔やメイクは当日から行うことが出来ます。眼瞼下垂の手術は、局部麻酔をしてくれるので痛みを感じることはほとんどありません。

保険適用が受けられる場合もあります

眼瞼下垂の治療を受けると、視野が広くなったり、黒眼をぱっちり見せる効果があります。日常生活に支障をきたしている場合は、保険適用の治療が受けられます。繊細な高い技術が必要なので、症例数を多く取り扱っている美容外科がお勧めです。

日帰りで治療が受けられます

眼瞼下垂は40代以降の年代に多く見られますが、瞼が重く、眠そうに見えてしまうので悩んでいる人が増えています。美容外科のクリニックでは、診察やカウンセリングに時間を掛けてくれるので、安心して通院が出来ます。日帰りで治療が受けられるので、仕事や家事で忙しい人にも人気があります。施術後は多少の腫れが見られますが、数日を経過すると少しずつ目立たなくなります。

広告募集中